法律ニュース

ニュースレター

マイケル A. ブルーワー法律事務所は、特別な法廷弁護士事務所です

マイケル A. ブルーワー法律事務所の弁護士は、法廷での豊富な経験を有しています。多くの書類と複雑な訴訟を扱う民事訴訟法律事務所の多くは、証拠開示、書類管理、法律及び申立手続、和解の交渉に優れているものです。マイケル A. ブルーワー法律事務所は、これらの業務を効率的に行うことができます。しかし、それ以上に、マイケル A. ブルーワー法律事務所が他の訴訟専門法律事務所と異なる点は、法廷での技能と経験にあります。当事務所は、過去のさまざまな法廷での経験に基づき、原告側又は被告側としての勝訴の見込みをより正確に判断し、陪審員の前ではどのような議論が効果的かを理解し、そして、訴えのメリットとデメリットを評価できます。このことが、過去30年間、クライアントのために高額の賠償和解金や陪審評決を勝ち取ることにつながってきました。このような特別な法律事務所による法的サービスを必要としている場合には、 お問い合わせフォームを使って当事務所までお問い合わせください。なお、上訴手続に関する一般的な情報もご参照ください。

上訴手続

訴訟提起と上訴は、当事者主義の司法制度の基礎をなしています。訴訟提起は、事件を事実審に提訴する手続きであり、公判前手続から和解や判決までのすべてを含みます。いくつかの種類の上訴は、事実審の手続きの中で行われることもあります(令状とよばれる手続)が、上訴は、一般に、判事や陪審が決定を下した後になされます。

州裁判所と連邦裁判所のいずれにおいても、事実審と上訴裁判所は、異なる機能を有しています。事実審では、両当事者は自らの法的論拠を証明するために、証拠を裁判官又は陪審に提示し、それにより、裁判記録を作成します。事実審で決定がなされた後、敗訴した側は、この決定を適当な上訴裁判所に上訴することを選択できます。例えば、連邦地方裁判所の民事訴訟で、被告側に賠償責任があると認められた場合には、被告は、適当な連邦控訴裁判所にこの決定を上訴することを選択できます。

上訴審では、裁判所は、一般に、いくつかの例外を除いて、法律上の争点のみを検討することができ、第一審の事実審で認定された事実審裁判記録は変更できません。すなわち、上訴審は、事件の再審理、証人の証言の再聴取、そして第一審で提出された証拠の再評価は行いません。

上訴裁判所の主な機能は、第一審で認定された事実への法律の適用を再検討し、法律の枠組みの中で事実審裁判所が適切な法的先例を言い渡したかどうかを決定するものです。上訴裁判所は、通常、事実審で提出されたすべての証言の筆記録と、証拠として採用されたすべての証拠書類及び物件を有しており、それに基づいて、例えば証拠を不適切に採用したとか提示された事実へ法律を不適切に適用したなど、事実審が重大な法律上の誤りを犯したかどうかを決定します。事実審で審理されたすべての争点が上訴審で判断されるわけではなく、上訴審で判断を受けるためには、通常、その法律上の争点が事実審で保持されていなければなりません。上訴審は、時折、事実審裁判所の事実認定を再検討することもありますが、多くの場合、「明らかな誤り」と判断された場合にのみ、それらの事実認定が破棄されます。

連邦制度において、上訴の可否は、通常、3人の裁判官による委員会で決定されます。多くの州でも、この決定に関わる裁判官の数は異なるものの、同様の制度が取られています。上訴を行う当事者は、上訴人と呼ばれ、上訴裁判所に,訴訟事件摘要書という意見書を提出します。この書類の中で、上訴人は、事実審で下された決定のうちのある部分が覆されなければならない理由を裁判所に提出します。同時に、事実審の判断を維持しようとする当事者は、被上訴人と呼ばれ、同様に訴訟事件摘要書を提出し、事実審の判決が支持されるべき理由を議論します。

訴訟事件摘要書のほかに、上訴裁判所は、しばしば、両当事者に、裁判所の前で口頭弁論を行う機会を与えます。口頭弁論の間、各当事者には、裁判官の前で自らの主張を議論するための限られた時間が与えられます。裁判官は、上訴人と被上訴人の主張の強みと弱みを判断するために数多くの質問を行います。両当事者の弁護士は、冒頭陳述や最終陳述を短く行うことが許される場合もあります。全ての手続は一般的に30分程度で終わり、その後、裁判官は事件を議論するために判事執務室に退室します。

上訴裁判所が判断を下した後、通常、審問に加わった裁判官の一人が、裁判所の判決理由のための法律的及び事実的論拠を明らかにする書類を作成します。もし裁判所がこの判決理由を先例判決とすると選択した場合、この判決は、将来の同様の争点を含む事件の判断根拠になります。上訴裁判所は、一般に、その後、上訴裁判所の判決理由に基づいて訴訟手続きを進めるように、事件を事実審レベルに差し戻します。

事実審裁判所で審理された事件のわずかな割合のみが、上訴されています。上訴された事件にとって、多くの場合、上訴裁判所の決定が、事件の最終判断となります。しかし、わずかな割合の事件において、上訴人又は被上訴人が、上訴裁判所の決定が誤りだと考えることもあります。これらの場合には、事件は、通常は州の最高裁判所、あるいは連邦事件の場合には連邦裁判所に、さらに上訴されることもあります。

弁護士と面談する前の準備

以下のリンクから、チェックリストのコピーをプリントアウトしてお読みください。

アドビ・アクロバット・リーダーはこちらからダウンロードしてください。

著作権 © 2008 FindLaw, a Thomson Reuters business

免責事項: 当ウェブサイトは一般的な情報の提供にとどまり、具体的な事案への法的アドバイスではありません。あらゆる法律事項は、適切な弁護士のアドバイスを求めてください。

法律事務所の弁護士が得た陪審評決又は和解の例

  • $33 Million verdict Wrongful death action against O.J. Simpson
  • $19 Million verdict Malicious prosecution action against Chinese importers
  • $6.8 Million verdict Business fraud & conversion case representing a Russian company
  • $6.5 Million settlement Breach of contract action against multinational corporation resulting in a $6,500,000.00 settlement
  • $5.3 Million verdict Business fraud and breach of contract case
  • $4.7 Million verdict Wrongful death / Fraudulent transfer case representing both American and Ukrainian residents
  • $4.7 Million settlement Liver Transplant case for wrongful death of Saudi Arabian citizen
  • $3.1 Million binding arbitration Personal injury's head on collision
  • $2.0 Million settlement Fraudulent transfer case
  • $2.0 Million settlement Independent Sales Organization for alleged breach of contract claim
  • $1.75 Million settlement Shareholder in connection with corporation shareholder dispute
  • $1.5 Million settlement Fraud and breach of contract case
  • $1.5 Million Judgment Breach of contract and defamation action resulting in default judgment collected
  • $1.3 Million verdict Employment and breach of contract case
  • $1.2 Million verdict Misappropriation of trade secrets and indemnity claim
  • $1.0 Million settlement Employment termination and breach of contract case

>> read more

© Copyright 2015 Brewer, LLP. All rights reserved. Disclaimer.